法人向け無線LANを選ぶときの注意点などをお伝えします

法人と個人で無線LANを分けて考える必要はありません。最近の個人宅に導入されているレベルの無線LANは法人でも通用します。無線LANを何で飛ばすかということがあるのですが、だいたいはルーターか無線カードのようなものでしょう。これはどちらでも良いのですが、最大値が高いのはルーターの方です。機能の高いルーターというのは電波の届く範囲も広い場合が多いです。個人宅なら安いルーターでも十分ですし、逆に高いものは不要でしょう。ネットの早さというのは基本的に建物に通っている電波や自分が契約している回線の速度に依存します。ルーターで決まってくるのはあくまでも電波の届く範囲なので、回線の速度を上げたいのであれば契約内容を見直す必要があります。法人でも同じです。

電波の範囲の広いルーターであれば良いのか

法人の場合はある程度無線の範囲が広い必要があります。当然個人宅よりも会社の方が物理的なスペースが広いので、この範囲を網羅しなければルーターから遠くにいる人のネット接続が安定しません。しかし、実はルーターの飛ばす範囲が広すぎることにはデメリットがあります。それは、セキュリティの問題でしょう。ルーターの範囲が広いと建物の外にまで電波が届くことになるので、まったくの部外者もそのネットワークの存在に気づくということになります。具体的には、パソコンのネットワーク接続の画面に出てきます。これはパスワードがわからなければ接続できないのですが、接続を試みる人がいたらいやだという感じはあるでしょう。またパスワードが流出したり、適当に入力したものが一致するという可能性もあります。

無線のセキュリティをどうするか

無線は上述の通り、可能性は低いのですがリスクがないわけではありません。このことを考えると、なるべくならリスクを避けたいというのが法人としての心理でしょう。ならば有線を利用すれば確実で、外部からアクセスすることは不可能になります。実際このような理由で有線しか使用しないという法人も多いのですが、それは大変でしょう。無線の方が楽ですし、ノートパソコンを持ち歩くような場合特に無線の方が良いです。その場合は、無線のネットワークには重要な情報は保存しないことや、物理サーバーを用意しておいて、それはローカルネットワークのみの接続にしておくなどの対策があります。ローカルの場合は、単に無線LANに外部からアクセスしただけではつなぐことができません。ローカルのパスワードもあります。