法人向け無線LANを利用することのメリット

無線LANはインターネットを利用する方法としてほぼ必須になってきていますが、個人向けの無線LANと法人向けではさまざまな点で異なっています。特に法人向けに用意されているセキュリティと管理面は重要であり、個人向けの無線LANを導入して結局法人向けシステムに切り替える事務所も多いようです。法人向けの無線LANについてセキュリティはさらに強化されていますが、管理ツールと合わせてなりすまし端末を発見したり、端末ごとに利用制限をかけられるなど法人で重要となる端末管理が特に優れていますが、ツールごとに使い勝手がかなり異なることから採用にあたっては事前にお試しでツールを扱ったり、トレーニングコースが設けられているシステムを採用する企業が増えてきています。

無線LANのセキュリティについて

無線LANのセキュリティと言えば暗号化と端末制御です。暗号化についてはWEPの利用がほぼ終了し、AESを採用したタイプが多くなっています。ただし、設定が面倒であることから未だにWEPを利用する場合もありますが、簡単に解読されてしまうことから早急にAESを採用することが求められています。設定については専用ツールで行いますが、ワンボタンで端末のセキュリティ設定を行える仕組みも用意されてきており、設定者の手間を省くようになっています。端末ごとのセキュリティにおいては暗号化の他に端末制御があります。MACアドレスで制御するタイプが多いですが、Macアドレスの偽造も考えられることから追加で端末を制御する方式が組み込まれるようになってきており更に高度なセキュリティを実現しています。

無線LANの管理ツールと使い勝手

無線LANの法人向けタイプには管理ツールが用意されることが多いです。一般的に無線LANルーターにあるような管理ツールでは端末の数が増えると管理ができなくなります。そこで専用ツールが用意されるのですが、機能としては主に3つのことが行なえます。1つは暗号化や通信周波数などハードウエア的な設定です。これはルーターにあるようなツールと変わりません。2つめは端末制御です。ルーターにある端末制御はMACアドレスの制御が多いですが、ユーザーIDなどとも連動可能となっています。3つめはユーザー管理です。他のシステムで作られているユーザー管理と同期が取れたり、グループ分け、通信速度の制御が行えるようになっており、ユーザーごとに適切な無線LANの利用が可能となるように設定できます。