法人向け無線LANの導入の仕方や手順について解説します

法人向けでも個人向けでも無線LANの設定方法は同じです。法人の場合はローカルのみ接続の端末や、また逆にインターネットにしか接続できない端末というのを作ることもあるかもしれませんが、それは無線LANの導入というよりはあとから個々の端末で設定していくことになります。具体的な設定方法は、まず壁から建物内に通っている電波をモデムや回線終端装置によって取り出します。これを、ルーターや無線LANカードによってそこから全体に飛ばします。飛ばしますといっても目に見えるわけではないので、そういった設定を行います。その設定についてですが、物理的にルーターなどを接続したら、次はパソコンからそれに接続して設定を行いますが、それについては、後述していきます。

パソコンから無線LANを設定する

最初の一台のパソコンで、ルーターのipアドレスを指定して、ルーターの中身をパソコンのモニターに映し出すようなことをします。これはだいたい付属のCDなどをパソコンに読み込めば勝手にやってくれるのですが、自分でコマンドプロンプトからルーターのipアドレスを指定して外部からアクセスして設定していくことも可能になります。物理的にルーターを接続した時点で、電波自体は飛んでいるのですが、要するにルーター側にもセキュリティ上の設定があるので、パソコンの認証作業のようなものが必要なのです。そして、それはパソコン内だけではできないので、ルーターにパソコンからリモート操作するイメージです。パソコンからルーターをリモート操作しているのでパソコン内で完結しているともいえるのですが、それは言葉の綾でしょう。

法人では大量のパソコンを接続する

上述のように最小の端末ではリモートで設定するようなことをします。そして、設定が終わったらその作業のついでのような感じでその端末はインターネット接続ができます。この作業はもちろん毎回行う必要はなくて、二台目以降のパソコンはネットワークの画面からネットを選択して、パスワードを入力するだけで設定が可能になっています。そのため、ネットにつなぐと言えばネットワークを選択してパスワードを入れるだけと思っている人もいるでしょう。実際一台目の設定も難しいわけではないのですが、このような作業が必要ではあるということです。業者が行う場合もあるのですが、最近はCDがついているので自分になります。CDをなくした場合はコマンドプロンプトからやってみても良いので、問題はないでしょう。