法人向け無線LANとは何かを説明します

各企業では無線LAN環境の構築が急がれていますが、企業内における無線通信環境は、家庭向けの無線LANと違い、特別な機能に特化したネットワーク機器を選択し、場合によっては通信状況を監視する必要があります。無線LAN環境の構築の際に必要となる機器は、ルーターやアクセスポイントのほか、有線LAN用のスイッチングハブも必要とされ、通信ログの監視用として専用のソフトウェアを利用することもあります。家庭向けの製品を利用することもできますが、一般的な家庭用製品は少人数の接続を意識したもので、同時に多くの端末が接続される事は考慮されていません。このため、企業ユースに耐えられるだけの機能を搭載した無線LAN用の機器が求められると同時に、通信状況を一括して管理するソフトウェアも必要となります。

法人向けと家庭用の違いや機能について

法人向けと家庭用の違いは、機器の搭載している機能と性能にあります。例えば家庭用のルーターであれば、無線LAN機能付きブロードバンドルータだけで事足りますが、法人ではそういきません。その理由は、同時に接続する可能性のある端末の数が、法人と家庭では大きく違うためです。家庭内であれば、仮に5人家族だったとしても同時に接続される端末は5台から10台程度で収まるため、アクセススピードが遅くなることはあっても、接続に失敗するようなことはほとんどありません。しかし、企業内では同じアクセスポイントに、数十名かそれ以上の人数が接続する可能性があり、同時接続数の多さが求められます。機器の内部で使用されている電子部品についても、法人向けはより厳しい使用環境に対応した部品が利用される傾向にあり、故障しにくいという特徴もあります。

法人ではセキュリティと安定通信の両面が求められる

法人向けのアクセスポイントに必要な機能には、同時接続やマルチSSID機能、ロードバランス機能やセパレータ機能などがあります。同時接続可能数については、社員数や部署の人数に応じて使用する端末を決定します。マルチSSID機能は、1台のアクセスポイントに複数のSSIDを設定するための機能です。家庭内では1つのSSIDで十分ですが、セキュリティ面が重視される法人向けの環境では必須です。ロードバランス機能は、複数のアクセスポイントを利用する場合に、接続する端末を割り振ることで、アクセスポイントごとの負荷を均一にし、動作の安定性を向上させます。セパレータ機能は、のぞき見防止を目的として、特定のアクセスを遮断するために用います。社内で無線LAN環境を整える際には、これらの機能を使いセキュリティ面を考慮しつつ、安定した通信を維持することが大切です。

UTMソリューションの導入で社内のセキュリティ対策を更に強化しましょう。 奈良県下の病院では、病院向け電話システムの導入がシェアNo.1を誇ります。 オフィスで利用する電話機に様々な機能を手軽に導入できます。 導入するメリットはなんなのか、みなさんの疑問を解消します。 通話録音装置で自動録音ができる機能をわかりやすく紹介しています。 無線lanを法人向けに導入したいならKOSネットワークへ